最後まで責任を負う、十年先まで考えた施工を行う山陽工業の各種サービス。

地震被害や経年による劣化で、修復が困難なコンクリートを再生するIPH工法!

高密度充填なので、深部にまで注入材が浸透します。

既存工法

空気抵抗により奥まで浸透が難しい。

IPH工法

エジェクター効果現象を利用し真空状態をつくり、樹脂を微細なクラックまで充填します。

充填後、加圧状態のまま注入材を硬化させ、コンクリート内部から接合補強します。

IPH 工法がこれまでの工法と大きく異なるのは、穿孔穴の内部から注入されたエポキシ樹脂がコンクリート内で放射状に拡散することによって、0.1 ミリ以下の微細なクラックまで充填できることです。また、従来の工法では、ひび割れ内部に空気が残ってしまいどうしても強度的に不安が残りました。
内部の空気を抜きながら樹脂を注入するIPH 工法では、ひび割れの深部にまで注入材が浸透します。

公共事業の悩みを解決、日本のインフラを支える画期的な工法です。

高度経済成長期につくられたコンクリート構造物が寿命を迎え、
劣化による耐力の低下や、耐震不足が社会問題となっています。
その中で、既存の建造物を壊さずに生かし、
強度を取り戻して延命させる技術「IPH工法」が注目されています。

IPH工法導入実例

成田国際空港エプロン補強工事、中国電力岩国火力発電所鉄塔基礎補強工事、
JR 山陽新幹線三原芸予地震対策耐震補強工事、
東京メトロ銀座線渋谷駅・日本橋駅間中柱補修工事、尾原ダム建設第2期工事、
東北自動車道太平橋橋梁補修工事、錦見浄水場クラック補修工事 他多数

こんなお悩みを解決します

case1
インフラを止められないので、補修ができない・・・

非破壊補強なので、構造物の立て直しが不要

case2
課題が多くて、施工計画が立てられない・・・

IPH工法なら大掛かりな工事がいらないのでコストも期間も大幅に削減可能

  • 人数が少ない
  • 時間が少ない
  • 大掛かりな重機が不要
  • コストが少ない
  • 規制が少ない

IPH工法施工事例

震災でひび割れした高架橋の梁も・・・

中層横梁の損傷状況(梁幅W=700mm)

IPH工法で耐久性を向上させます

梁上下平面及び垂直面へのIPHカプセル注入状況

IPH工法は色々な場所で活用されています

RC地下道
止水及び防錆補強工事
水力発電所地下RC部
止水及び防錆補強工事
橋梁下部
剥離部補強・防錆補強工事

IPH工法施工手順

1.施工前
施工前
2.既存塗膜除去
既存塗膜除去
3.マーキング
マーキング
4.穿孔(せんこう)
穿孔(せんこう)
5.台座取付
台座取付
6.注入
注入
7.仕上げ
仕上
8.施工完了
施工完了

役所や学校、商業施設など一般の建築にも施工可能です。

非破壊でコンクリートを再生できるIPH 工法であれば、
簡単に壊すことができない建築物や場所、
人通りの多い繁華街、商業施設などの建物で活用できます。
また、止水効果も期待できるので、雨漏りの補修にも活用できます。

case1
エレベータピット内の浸水 渋谷区役所

エレベータのピット内に浸水して水たまりができる事象に対して、入隅部分にIPH補修工事を施工。

施工後、水たまりができなくなりました。

case2
地下の配管まわりのコンクリート劣化 八街市役所

配管まわりを固定しているコンクリートのひび割れから水が漏れる事象に対して、ひび割れにIPH補修工事を施工。

施工後、漏水がまったくなくなりました。

case3
階段室の内壁結露 渋谷区役所

階段室の内壁ひび割れからじわじわと水がにじみ出ている事象に対して、ひび割れにIPH補修工事を施工。

施工後、結露がまったくなくなりました。

大掛かりな工事ができない現場、短期間での工事が必要な現場でおすすめです。

IPH工法の特長

IPH 工法の特長は非破壊再生、施工時間・コスト削減だけではありません。
さまざまな効果がコンクリートの健全化や長寿命化を導きます。
また、優れた経済性や作業効率により、施工の負担を大きく軽減します。

1耐久性の向上
表面からは見えない構造物内の0.1mm以下のクラックにも注入が容易にできます。計測実績からは、0.01mm程度の微細クラックの注入まで可能です。新設時よりもコンクリート躯体強度が増すことから耐久性のみならず、耐震性にも期待が持てます。
2鉄筋防錆・中性化制御


鉄筋周囲にも注入

IPH工法は鉄筋周囲への注入効果によって内部鉄筋の付着強度や防錆効果を高める注入工法で、また、下地調整用セメントペースト成分が内部鉄筋まで浸透することによって、大いに錆び止め効果を期待できます。再アルカリ化させることでコンクリートを中性化、つまり錆を抑制します。
3注入状況がわかります。


注入残量も目視確認可能

独自の注入器は遮光カプセルケースを使用しているため、紫外線や日射熱の影響を緩和し、エポキシ樹脂の効果を最大限に活かします。また、カプセルは透明度が高く注入材残量が目視確認できます。
4止水効果への期待
水の浸入経路となるひび割れを微細部にわたって防ぐため、水漏れ・液漏れ対策としての活⽤も大いに期待できます。
5構造物の長寿命化
環境や状態によって差はあるものの、施⼯により30年程度の延命が期待できます。また、劣化がひどく、”取り壊さなければ成らない”とされていた建造物であっても、うち8割程度は修復できると⾒込まれています。
6経済性・作業効率の向上
施⼯にあたって、劣化部を砕いたり削ったりする「はつり作業」が不要なため、約27%の経費削減と約62%の⼯程短縮ができます。
*規模により低減率は異なります。
7ライフサイクルコストの低減
⼀度の施⼯で、それ以降の点検・補修など定期的に掛かる維持管理コストを減らすことができます。そのため、⻑寿命化と合わせてライフサイクルコストの⼤幅な低減が可能です。全国にある築50年以上の橋を全てつくり直すと約150兆円以上のコストになると試算されていますが、IPH⼯法を⽤いれば1/10まで削減できます。

お客様の声

東京都足立区 A様
テナントビルの工事をお願いしましたが、壊さずに施工してもらえるためお店を閉めずにすみました。工期間も短くテナントさんに迷惑かけないで済み大助かりでした。
東京都足立区 B様
大掛かりな工事をしなくて済むのが魅力的です。人員不足の解消や、昨今の補修ラッシュにも短期間で施工ができるため、これからも需要が伸びる工法だと思います。
東京都足立区 C様
廊下の壁からしみ出てくる水(水漏れ)に悩まされていました。住民が日々通る場所なので壁を壊すことなく、大掛かりな工事を避けられて良かったです。一番の魅力は、工事に時間がかからないことですね。

よくある質問

Q1.IPH工法なら、橋を利用しながらの施工も可能ですか?
はい、施工可能です。橋以外でも、ダム、高速道路、空港施設など様々な場所でも、利用しながらの状態での施工が可能です。
Q2.止水効果も期待できるとありますが。
水の浸入経路となるひび割れをしっかりと防ぐため、水漏れ対策として期待されている工法です。
Q3.IPH工法で構造物の寿命はどのくらい伸び延びますか?
環境や構造物の状態にもよりますが、施工により30年の延命が期待できます。

入居率アップの手段としてまずは無料診断にてご相談ください。

ご相談・無料診断のお申込み

IPH工法に関するご質問・ご相談をお待ちしております。

お見積り無料

お電話でのご相談はこちら

0120-117-348 受付: 平日8:30~18:30

メールでのご相談はこちら

【必須】お名前
【必須】メールアドレス
【必須】お電話番号
【必須】ご希望の連絡方法
 メール  お電話  どちらでも可
【必須】ご連絡区分
 ご質問・ご相談  無料診断のお申込み
【必須】ご質問・ご相談

個人情報保護方針

【チェック必須】

 個人情報保護方針に同意する

ご入力後は「入力内容を確認する」ボタンを押して、確認画面にお進みください。

© 2015 Sanyo Kougyou All Rights Reserved.
ご相談・無料診断