シーリング工事 | 打継ぎ目地シーリング工事

1.施工前 経年の劣化等により、シーリング材のひび割れが見られます。

古くなった壁のシールを打ち替えます。(シールとは建物の動きを吸収させるためのゴム状の材料です。)既存のシールを剥がし綺麗に撤去し、後続の材料が密着するよう、しっかり清掃します。凹みの両サイドが材料で汚れないようテープを貼り、プライマーを塗ります。(プライマーとはシール材の密着を高める下塗り材です。)その後、シール材を充填し、ヘラで押さえて表面を整えます。最後にテープを剥がして完了です。

© 2015 Sanyo Kougyou All Rights Reserved.