マンション管理組合様へ

失敗しない大規模修繕の第一歩は、パートナ選びを間違えないこと。

マンションの大規模修繕は、そう何度もあることではありません。
管理組合の皆さまは、修繕委員会を設立し理事会に代って
大規模修繕をリードしていくことになります。
施工業者の選考、業者との打合せ、住民説明会を開催…。
やることは山のようにあります。しかも、みなさん建築のことは素人。
メンバーに専門家がいるケースは、あまりありません。
では、どうすればいいのか。
大事なことは、パートナー選びを間違えないことです。
単に価格で決めるのではなく、このパートナーに任せられるのか、
信頼できるのか。 正しいパートナーを選ぶことが、
失敗しない大規模修繕の第一歩と言えるでしょう。

1.専門業者だから、できることがあります。
大規模修繕ともなると、さまざまな業者が出てきます。管理会社の勧める工務店であったり、建設のコンサルタントだったり。でも、工事のことを一番よく知っているのは、現場を取り仕切っている施工業者です。高い技術を持ち、多くの工事実績のある施工業者。診断、設計、工事、そのすべてにおいて精通しているのは、やはり専門業者です。どこか別の工務店に下請けに出すのではなく、すべての工程において責任を持って最後までやりとおす専門の工務店こそが、もっとも頼りになるパートナーではないでしょうか。
2.技術力と実績でお選びください。
山陽工業は、防水・外壁工事の専門施工会社。年間工事数は、大小合わせて毎年約350件以上。マンションなどの改修工事は年間約40件以上。確かな工事をするからこそ、実績が増え経験が増し、それがまた新たなお客さまを呼んでくるというサイクルを生んでいます。口コミや紹介で仕事を受注でき、飛び込み営業など一切不要ということが、確かな施工会社であることの証明です。