求む「人間力」

人材山陽工業が求める人材

山陽工業が人材に求めること。
施工会社なので、技術を持っていることは大事です。
ですから、巧みな技術をもつ技術者は欲しい人材です。
でも、今この業界で成長していくためには
施工会社として欲しい技術だけでは成長は見込めません。

山陽工業では技術者“だけ” でなく
技術がなくても
やり切る気持ち、達成する気持ちがある。
自ら学ぶ力がある。

そんな人材を求めています。

近年では、技術畑出身者だけでなく、
IT 系企業からの転職者
理系学部出身者など様々な人材が
社の一員として加わってくれています。

一歩先の施工会社を目指し実現していくために
みなさまのお力をお貸しください︕

教育仕事の品質保証は
社員教育から

仕事の品質は社員の能力、その社員への教育を怠らない会社の制度にあると考えます。
山陽工業では品質向上のため、各種資格取得
安全対策のための研修・補助に力を入れております。

受講補助制度

技術・知識習得に向けた講習会、スクールへの受講費用を補助します。

研修制度

内部研修

技術向上にむけ、先輩社員が講師となり研修を定期的に行います。
例) ・工事の基礎知識研修
   ・積算見積の知識研修

外部研修

知識・資格習得にむけ、外部研修・講習へ定期的に参加します。
例) ・上級救命講習
   ・ビジネス講習

保有資格

一級/二級建築施工管理技士
監理技術者
防水施工技能士一級・二級
シーリング一級技能士
足場の組立て等作業主任者
塗装技能士一級(建築塗装作業)

赤外線建物診断技能師
有機溶剤業務従事者教育指導員
石綿作業主任者
職長・安全衛生責任者
上級救命技能士
建設業経理事務士三級


安全性向上のため『上級救命技能士』の
資格は全スタッフに義務付けております。

先輩の声山陽品質は
私たちの1日から生まれます

工事部

自分自身が成長できる会社

私の仕事は、より良い建物をお客様にお渡しすることです。
具体的な仕事内容として、現場では協力会社の職人さんへの作業指示や、安全管理、工程管理、元請会社との打合せなど、さまざまな仕事をしています。時には失敗してしまうこともありますが、最終目標の竣工引渡しという場面でお客様より感謝の言葉をいただけた時には、とてもやりがいを感じます。
また、山陽工業の良いところは、自由な雰囲気でありながら、困った時に助け合う社風だということです。自主性が重んじられているので、普段は自分のペースで仕事をしていますが、何かあればみんなでサポートしてくれます。だからこそ、難しいケースに直面しても乗り越えていけるんだと思います。そして、何事にも挑戦ができ、疑問に思う点は上司や先輩社員に相談すると分かりやすく回答してもらえるので、自分自身のスキルアップが実感できます。

( 工事部2年目)

工事部の1日
8:30 現場へ出勤

担当現場にて準備~朝礼を実施します。この時間の段取り力で1日の流れが左右されます。
9:00 定例打ち合わせ

監理会社との定例打ち合わせを行います。
進捗状況を報告し、工種に合わせた品質管理を行います。

12:00 昼休憩

13:00 現場調査

HPや電話にて問い合わせがあった漏水調査や劣化診断の現場を調査します。
15:00 社内ミーティング

会社にて全体ミーティングに参加します。
社長へ担当現場の進捗状況を報告し、先輩方のノウハウを共有できる時間です。
17:00 見積り・書類作成

定例打ち合わせの議事録・調査した案件の見積りを作成します。

17:30 退社

管理部

人を育てる会社

山陽工業に入るまで、建設業に関わったことはありませんでした。
入社当時は打ち込み作業など簡単な作業から任せてもらっていましたが、打ち込み作業とはいえ工法名や材料名など知らない単語ばかりが出てくるため、工事の知識が全くない自分にこの仕事が務まるのか不安を感じていました。
しかし、山陽工業は「人を育てること」を重視している会社です。上司や先輩方が自分の知識・経験を「マニュアル」として文書化してくれているので、スムーズに仕事を覚えることができ不安も解消されました。
できることが増えたことで見えてくるものがたくさんあり、今では積極的に「もっとこうした方がいい」、「こんな風にしてみてはどうか」という改善提案を上司にできるようになりました。
山陽工業は自分次第で必ず成長することができる場所です。蓄積された知識や経験は今後決して無駄になることはありません。

(管理部2年目)

管理部の1日
9:00 出社
出社後社内清掃を行います。
お客様を気持ちよく迎えるため、また気持ちよく仕事をするために欠かせない業務です。
9:30 部内打ち合わせ(朝)

朝・昼・夕の3回、短い打ち合わせを行います。
朝は1日のスケジュール・タスクを確認し、業務割り振りを行います。
10:00 見積書の確認

工事部が作成した見積書の最終チェックを行います。計算間違いや誤字脱字がないようダブルチェックを行うことで、仕事の品質を保ちます。

12:00 昼休憩

13:00 部内打ち合わせ(昼)

昼休み明けに2回目の打ち合わせを行います。
個人への負担が大きくならないよう、各自の進捗を確認します。
14:00 工事資料・報告書の作成

工事部からの指示で、工事の資料や報告書を作成します。
17:00 部内打ち合わせ(夕)

退社1時間前に3回目の打ち合わせを行います。
1日の作業に漏れがないかの確認、また翌日のスケジュールを確認します。

18:00 退社

先輩の声山陽工業のしごと

人が生活するための住居、人が学ぶための学校
ビジネス拠点であるビル、娯楽のための商業施設
そこにある安全と価値向上のため、外壁修繕工事と防水工事を中心に、様々な建物を守っていきます。

実績から見る技術力
年間工事400 件以上 工事累計10,000 件以上

民間企業だけでなく
公共施設の施工実績からみる実績から見る技術力

建物を守る
山陽の3事業

3つの事業を軸にお客様の建物を守っています。

各種工事対応
コンサルティング
アフターケア

募集要項の声

職種施工管理技術者
内容 現場管理、工程管理、品質管理、積算、施工計画等
対象 高校卒業以上、普通免許要
給与基本給 面談後、資格・経験により決定致します。
諸手当 資格手当、通勤手当等
昇給 あり
賞与 あり
退職金 あり
休日・休暇 毎週土曜日・日曜日、祝日(シフト制)、夏季休暇、年末年始休暇
( 繁忙期は土曜日は出勤日となる場合があります)
有給休暇、慶弔休暇等
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生 資格試験補助、慶弔見舞金、社員旅行等
支給品( パソコン、i P h o n e 、W i fi ルーター、作業着他)

エントリー

エントリーフォームよりご応募ください。
採用担当者より追ってご連絡いたします。

お名前※
ふりがな※
電話番号※
メールアドレス※
コメント覧
© 2015 Sanyo Kougyou All Rights Reserved.